• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール

賛助会員募集中

平成22年度賛助会員募集中 賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら

archives

アカデミー賞

 日本アカデミー賞では、惜しくも作品賞、監督賞、主演男優賞を逃してしまった『ディア・ドクター』ですが、現在川越スカラ座で絶賛上映中です。

昨年の上映をごらんになった方がもう一度、というのも大変多く、どれだけこの作品が素晴らしいかわかりますね。
初めてご覧になった方からもご好評いただいております。

これは絶対、観なきゃソン!な映画ですよ。

12日まで上映しておりますので、どうぞお見逃しなく!



さて、今日は本家アカデミー賞の授賞式がありましたね。

大方の予想通り、あるいは予想をくつがえし、『ハート・ロッカー』が6冠という結果になりました。

個人的に嬉しかったのはクリストフ・ヴァルツの助演男優賞受賞!
彼の演技は本当に素晴らしかった!

あの役をもしヴァルツが演じていなかったら、『イングロリアス・バスターズ』の魅力は半減どころか、なくなってしまうに等しいと思います。


『イングロリアス・バスターズ』は個人的には大好きだし面白いけれども川越スカラ座では難しい作品ですし、『ハート・ロッカー』も上映するかどうか未定ですが、戦争を題材とした作品としては、『戦場でワルツを』を4月に上映いたします。



アニメーションでドキュメンタリーという異色作で、みなさまご存知の通り、昨年のアカデミー賞での『おくりびと』対抗馬で、当初本命視されていた作品でした。

『おくりびと』主演のモックンですら、「今でも『戦場でワルツを』が本命だと思っている」と言わしめる作品です。

ぜひみなさまご覧ください。



その前に、『おくりびと』の再上映が3/13よりありますのでこちらもぜひ!

コメント
「ザ・コーヴ」も「靖国」のように勘違いした形で伝わるのでは?
隙を見せると恐喝・物乞い・強請の対象にされるからねぇ〜
  • 中熊猫
  • 2010/03/12 12:05 PM
>中熊猫さま

ザ・コーヴの受賞は衝撃的でしたね。
個人的には、だったら牛や豚は殺していいのか!と思ってしまいますが…。

センセーショナルな映像があるので、どうしても誤解されてしまいますよね。
  • chi
  • 2010/03/15 12:37 PM
戦場でワルツを、は去年シネスイッチまで行って観て来ました。 地元川越で上映されるなんて、すばらしいです!
  • 川越姫
  • 2010/04/11 11:22 AM
>川越姫さま

返事が遅くなってすみません!
コメントありがとうございました!
これからも良作を上映していけるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

リクエストも受付中ですよ!
  • chi
  • 2010/09/22 5:48 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

スカラジャニッキ
川越スカラ座に住む美女数人の歓喜の声!悲痛な叫び!怪人の声!をお聞きあれ〜!